第1条(名称)
本ジムは、パーソナルトレーニングジム SP-Body(以下「本ジム」という)と総称する。
 
第2条(運営)
本ジムの運営はSP-Bodyが行う。
 
第3条(目的)
本ジムはスポーツを通じて健康の増進及び生きがいの創造に寄与しメンバー相互の親睦を密にし、品位あるジムライフをエンジョイすることを目的とする。
 
第4条(参加制度)
1.本ジムは会員制とはしない。
2.本ジムのプログラムに参加を希望される方は、本規約を承認し本規約に基づく諸認証を本ジムと相互に締結しなければならない。
3.本ジムはその自由な裁量により、参加申込みを承認又は承認しないことができるものとする。
 
第5条(参加資格)
1.年齢15歳以上の方で、本ジムの趣旨に賛同し、規約同意書を提出した方。 
2.刺青等がなく、暴力団・組関係、反社会的団体に関与していない方。
3.参加者として、ふさわしい品位と社会的信用のある方。
4.健康状態に異常がなく、施設・設備の利用に耐えられると本ジムが認めた方。
その他本ジムが不適当と認める方の入会を断ることが出来る。
 
第6条(未成年者の取扱い)
未成年者が本ジムのプログラムに参加しようとする時は、所定の書類に本人とその親権者が連署した上、申し込むものとする。
この場合、親権者は自ら参加メンバーになった場合と同様に本規約に基づく責任を本人と連帯して負うものとする。
 
第7条(参加手続)
1.本ジムのプログラム参加を希望する時は、所定の利用規約に署名を行い、本ジムの承認を得た上で所定の参加費を本ジムに支払うものとする。
2.前第5条(参加資格)を満たし、当該の手続きを完了したものを参加メンバーと称する。
 
第8条(店舗施設の利用条件)
本ジムのプログラム参加メンバーはプログラム時間において店舗の施設を利用することが出来る。
 
第9条(参加費)
1.参加メンバーの参加費を現金または本ジムの指定ロ座に指定日に支払うものとする。
2.本ジムは一旦納入した参加費を、理由を問わず返還しないものとする。
3.参加メンバーは参加資格を有する限り、現実に店舗施設を利用しない場合も支払い義務が発生するものとする。
 
第10条(届出の義務)
参加メンバーは住所、連絡先およびその利用規約記載事項に変更があった場台は、速やかに本ジムに届けるものとする。
 
第11条(参加費等の変更)
本ジムは参加等を変更することが出来るものとする。
 
第12条(参加プログラムの変更)
参加メンバーは変更しようとする際に本ジムに届けることにより参加プログラムの変更が出来るものとする。
 
第13条(除名)
本ジムは参加メンバーが次の各事項のいずれかに該当すると認めた場台は除名することが出来る。
その場合、速やかに本ジムの指示に従わなければならない。また、参加費その他の未納金がある場合それらを支払う責を負い、本ジムはこれらを請求する権利を有す。
1.本ジムの名誉を毀損し、本ジムが他の参加メンバーに著しく迷惑行為があったと認めたとき。
2.利用規約及びその他の諸規則に違反したとき。
3.本ジムの定める参加費・諸費用の支払いを3ヶ月以上滞納したとき。
(除名以前の会費・諸費用は店舗施設を利用しない場合も全て納入しなければならない。)
4.故意、過失に関わらず店舗の施設、設備機器等を破損したとき。
(本ジムの指導のもとの通常利用では破損の恐れはございません。)
5.店舗内において営利、非営利目的を問わず売買行為を行ったとき(営業行為も含む)。
6.本ジムが会員としてふさわしくない健康状態と判断したとき。
7.その他、本ジムが社会通念に照らし、会員としてふさわしくないと認めたとき。
 
第14条(参加資格喪失)
参加メンバーは次の場合、参加資格を喪失するものとする。
1.死亡。
2.除名。
3.禁治産、準禁治産、破産宣告を受けたとき。
4.参加に際し虚偽の申告を行ったとき、または参加資格に抵触したとき。
 
第15条(責任事項)
1.参加メンバーは自己の責任において本ジムの施設を利用し、本ジムの責に帰さない事由により参加メンバーが受けた損害に対して、本ジムはその損害賠償の責を負わないものとする。
2.本ジムは参加メンバーの店舗施設利用に際して生じた盗難、紛失については一切損害賠償の責を負わないものとする。
3.参加メンバーは店舗施設利用中に自己の責に帰すべき事由により本ジムまたは第三者に損害等を与えた場台には、速やかにその賠償の責を負うものとする。
第20条(ビジター利用)に規定する同伴ビジターについては、参加メンバーが連帯して賠償の責を負うものとする。
 
第16条(施設賠償責任)
参加メンバーは故意、過失に関わらず次の各事項のいずれかに該当した場合は実費にて賠償するものとする。
1.本ジムの施設・機器を破損したとき。
(本ジムの指導のもとの通常利用では破損の恐れはございません。)
2.更衣室のロッカーキーを紛失した場合、1万円を本ジムに支払うものとする。
 
第17条(店舗施設の利用制限)
1.本ジムが必要と認めた場台には、参加メンバーの予約や利用時間を制限することが出来るものとする。
2.本ジムは次の事項に該当する方の店舗施設の利用を禁止する。
(1)暴力団、組関係者、刺青者(ファッション性のあるものも含む)、及び本ジムが不適当と認めた方。
(2)妊産婦。
(3)伝染病、その他他人に伝染又は感染する恐れのある疾病を有する方。
(4)一時的な筋肉の痙攣や、意識の消失などの症状を招く疾病を有する方。
(5)飲酒等により正常な施設利用ができないと認められる方。
(6)医師等により運動を禁じられている方。
(7)参加メンバーとしてふさわしくない健康状態と本クラブが判断した方。
3.本ジムは心疾患、高血圧症、糖尿病等既往症のある者の店舗施設の利用に際し、医師等による診断書、本ジムの承諾書等の提出を求めることが出来るものとする。
4.本ジムが定める年齢に達しない者の店舗施設の利用を禁止することが出来るものとする。
 
第18条(諸規則の遵守)
1.参加メンバーは本ジム諸施設利用にあたり、本利用規約及び施設内諸規則を遵守しなければならない。
2.参加メンバーは本ジム諸施設利用にあたり、本ジムスタッフの指示に従わなければならない。
3.参加メンバーは本ジム諸施設利用にあたり、施設内の秩序を乱す行為をしてはならない。
4.第19条により、ビジターが本ジム諸施設を利用する際も同様とする。
 
第19条(ビジター利用)
1.参加メンバーが同伴する者(以下「同伴ビジター」という)及び本ジムが適当と認めた参加メンバー以外の者(以下「ビジター」という)は、店舗施設を利用することが出来るものとする。
2.本ジムは必要に応じて同伴ビジターの人数を制限し店舗施設の利用を制限することが出来るものとする。
3.同伴ビジターの店舗施設の利用条件は同伴する参加メンバーのそれに準ずるものとする。
4.参加メンバーは同伴ビジターの店舗施設利用中の行為について一切の責を負うものとする。
5.同伴ビジター、ビジターは店舗施設の利用に際し、所定の利用料を支払うものとする。
 
第20条(店舗の休業)
本ジムは次の事由により店舗施設の一部又は全部を休業することが出来るものとする。
1.天災、地変等の不時の災害その他により店舗の営業が適切でないと認められるとき。
2.施設の点検、補修又は改修を行うとき。
3.法令の制定、改廃、行政指導、社会経済情勢の著しい変化、その他やむを得ざる事由が発生したとき。
4.夏季・年末年始の休業、その他本ジムが休業を必要と認めるとき。
 
第21条(店舗の閉鎖)
本ジムは天災地変・法令の改定改廃・行政指導・社会情勢・経済情勢・の著しい変化やその他やむを得ない事由が生じた場合、本ジムの施設の一部又は全部を廃止するか又はその利用を制限することが出来るものとする。
 
第22条(途中不参加)
1.月プログラムの途中において、参加ができなくなった場合は速やかに本ジムに届けるものとする。
2.本ジムは一旦納入した参加費を、理由を問わず返還しないものとする。
 
第23条(改定、変更、追加)
本規約の改正は、本ジムが必要に応じてこれを行うことが出来るものとし、その効力は全ての参加メンバーに及ぶものとする。
 
第24条(附則)
本規約は平成26年4月1日より施行する。
 

taikenbana11koebana1dennwabana

Facebook にシェア
LINEで送る