ヒップアップ

多くの筋トレ女子に向けて、ヒップアップのためのコツを伝授します!

『プロポーションの良さ』という観点からのヒップの役割

多くの女性が自分のスタイルの中で特に気になるのがヒップの形です。
女性にとって引き締まったヒップは重要なポイントの一つです。立位姿勢はもちろん、歩く姿勢の美しさにもヒップは重要なポイントです。
背筋を伸ばし美しい姿勢を保つためには大臀筋、さらに歩く姿勢、立ち振る舞いを美しく見せるためには大臀筋を意識ししっかりと働かせる必要があります。


 スポーツ選手、アスリートのヒップライン

多くのスポーツ選手は大臀筋が大きく「メリハリ」のあるヒップラインをしています。
この引き締まったヒップのラインはどうすれば形勢できるでしょうか・・・。
スポーツ選手は「メリハリ」のあるヒップラインをしており、一般の方と比べ大きな大腰筋を持っていると言われています。
大きな大腰筋は高いスプリント能力が得られます。大腰筋が大きければ、拮抗筋である大臀筋も大きく背柱のS字型も強くなる可能性があり「メリハリ」のあるヒップラインを作る事が出来ます。
160_F_21799368_9qg2Gs7JSx7KPM1XNT89A7uPB7qzuO3u

 

大臀筋と大腰筋の役割

大臀筋が収縮することにより、股関節の伸展、大腿部を後方に上げる働きをします。
大腰筋は、脊柱と大腿骨をつなぎ、骨盤の内側に位置します。
この大腰筋は、姿勢を維持し股関節の屈筋時に働きます。
また、地面に足が着地したときに、骨盤を前傾位に(姿勢を安定させる)保つ働きがあります。
この二つの筋肉は拮抗関係にありますので、常に一緒に発達したり、衰えたりします。
大腰筋が衰えると、下腹部が垂れ下がり、ぽっこり盛り上がり、いわゆるオバサン体型になります。
大臀筋・大腰筋のトレーニングというものは、スポーツや人間の「美」に大変重要な役割を果たしています。
160_F_21799368_9qg2Gs7JSx7KPM1XNT89A7uPB7qzuO3u
 

ヒップアップコンディショニング

美しいヒップライン(ボディライン)、引き締まったヒップの決め手は筋肉にあります。
ただ単にストレッチやトレーニングをすることではなく、股関節周辺のコンディショニングがポントです。
まずは股関節の特徴を踏まえバランスよいスムーズな動き作りを行っていきましょう。
股関節のなるべく骨盤に近いところにタオルなどの長いものを床に押し付けるようにします。
ヒップアップ2
股関節を床の方向に押し込みながら、ランジを行います。
ヒップアップ3
すると、股関節のハマりがよくなるので、股関節を動かしやすくなります。
 
試しに、やってみてください。
Before&Afterが分かるように、「その場足踏み」を行ってみて、それから、このランジを3~5回。
そしたら、効果測定、Afterです。関節がスムーズに動くのが感じられると思います。
 

ヒップアップのためのトレーニング

アスリートのような、引き上がったヒップラインを作るのであれば、やはり、スクワットやデッドリフトを行うと良いと思います。
最近では、Instagramなどで、「筋トレ女子」と検索すると、女性が筋トレしている動画などが投稿されています。
しっかりとヒップアップ出来ている「筋トレ女子」たちはスクワット・デッドリフトなどの、足を地面に着けながらのトレーニングを行っています。この「足を地面に着けながらのトレーニング」が、先程の「大腰筋・大殿筋」を鍛える=姿勢も良くなりヒップラインが作られるのです。
Woman picking up a barbell


taikenbana11koebana1dennwabana

Share on Facebook
LINEで送る