アミノ酸の効果

みなさん、こんにちは。SP-Bodyの茂木です。
 
今回はアミノ酸と、その一種で私のおすすめのBCAAについてご紹介していきます!
みなさん、アミノ酸は知っていますか?
 
今ではネット検索をすると、いろいろと情報が出てきますね。
 

アミノ酸とは・・・

アミノ酸とは、たんぱく質が分解されたもの。複数のアミノ酸の化合物がたんぱく質ということになります。

 
みなさんが普段口にするお肉や魚などのたんぱく質も、分解されるとアミノ酸になるということです。
プロテインなどと呼ばれるものもたんぱく質なので、分解されればアミノ酸になります。
 
そんなアミノ酸は筋肉を作る役目やエネルギー源としての役目があります。
 

 BCAA(Branched Chain Amino Acid/分岐鎖アミノ酸)

たくさんの種類があるアミノ酸ですが、BCAAとは、その中でもバリン・ロイシン・イソロイシンと呼ばれるアミノ酸の総称がBCAAです。
アミノ酸には、体内で作る事ができるアミノ酸と、体内では作る事ができないアミノ酸があります。
このバリン・ロイシン・イソロイシンは、体内で作る事ができないので、食事の際のお肉や魚に含まれるたんぱく質から摂取しなければなりません。またそれが、皆さんが運動するときのエネルギーのひとつになります。
 

運動時にもBCAA

身体を動かしているとき(運動時も含む)は、必ずエネルギーを消費するので、体内のBCAAも不足します。
その不足したBCAAを運動時に簡単に摂取し補えるものが、いわゆるスポーツドリンクです。
ほとんどのスポーツドリンクにはバリン・ロイシン・イソロイシンン、すなわちBCAAが配合されているものが多いです。

エネルギー不足の状態で運動を続けても、筋肉の働きの効率が悪く、トレーニングの効果も最大限に引き出すことができません。
そして何よりこのエネルギー不足の状態の身体は、エネルギー源を確保するために筋肉を分解して身体を動かすエネルギーとします。
せっかく筋肉をつけるためにトレーニングしているのに、逆に筋肉を減らしてしまうということが起こるのです。
トレーニングしていてもなかなか筋肉がつかないのはこういうところにも原因があったりもします。

 

アミノ酸を実感

ただ、お肉や魚を食べながらトレーニングするわけにはいかないので、私はこのBCAAをスポーツドリンクだけでなくサプリメントで、トレーニング前後に必ず摂取するようにしています。
アミノ酸はプロテインに比べ吸収が早いのもメリット。
数年前から摂り始めましたが、以前に比べ明らかに身体は筋量が増え、トレーニング時の集中力や疲労感も変わりました。
筋トレと栄養は切っても切れない関係です。

 
部活動のころは休憩になるとよく水道まで走ってがぶがぶ飲んでいたものですが、トレーニング中は水だけ、トレーニング後も水分補給だけ。そんな感じになっていませんか?
より効果的に身体作りを行うためにも、栄養という面においてアミノ酸にも興味を持って積極的に摂取していただけたらなと思います!
 
SP-Bodyでも、『MUSASHI』というスティックタイプのアミノ酸も販売しております。
※『MUSASHI』 公式サイトはこちらから⇒⇒⇒『MUSASHI』
もちろん日頃、茂木も摂取していますのでご不明な点はお気軽にご相談ください!!^^
 
 
 



dennwabana

Facebook にシェア
LINEで送る